ヴァルハラ・クロニクル・オンラインⅠ|Antagonize

ヴァルハラ・クロニクル・オンライン

22世紀の未来。全感覚没入型仮想空間ゲーム。人類は遂に桃源郷を手に入れた。限りなく現実に近いもう一つの世界──それは現実(リアル)を越えた現実(リアリティー)

あらすじ

『ヴァルハラ・クロニクル・オンライン2』──新基軸のプラットフォームによる仮想空間RPGゲームは、ローンチされるや瞬く間に世界中を席巻した。サービス開始から11日後、アキラはようやくプレイを開始。だがログイン早々、黒い天使の襲撃を受ける。それはモンスターではなかった。ゲーム世界の秩序を司る〈治安維持機構ヴァルキリー〉── ゲーム内のルールに叛く違反者(オフェンダー)を処罰する司直の熾天使。ヴァルキリーによってゲーム内で殺害(キルド・イン・ゲーム(KIG))された場合、アカウントの永久的な追放処分が下される。アキラは身に覚えのない罪で、熾天使から命を狙われることになる。

登場人物

・アキラ
平々凡々な男子高校生。弟を亡くしたことからゲームの世界にのめり込む。

・ユカ
所属:桜花帝国。職業(クラス):サムライ。役職(ロール):幕府直轄、御側御用取次。焔の妖術と日本刀の遣い手。

・チャーリー
所属:マウントヴァッテン独立自治区。職業(クラス):魔法剣士。全身を甲冑に包んだ騎士。優れたリーダーシップを発揮。

・カルロ
所属:ガリアーノ連邦。職業(クラス):遊び人。ピエロメイクの伊達男。諧謔的な言動に反して状況を見極める頭脳を持つ食わせ者。

・ティファニー
所属:アルドニア共和国。職業(クラス):銃士。金髪碧眼の拳銃遣い。カウボーイハットにブーツの西部劇スタイル。あだ名は「姐御」

・サイーフ
所属:不明。職業(クラス):創造師(クリーター)。黒縁メガネに白衣という学者然とした若者。何でもかんでもメモする癖のある変わり者。

・キャシー
所属:ガリアーノ連邦。職業(クラス):魔術師。山高帽がトレードマークの小柄な女の子。天真爛漫なムードメーカー。

・レギンレイヴ
治安維持機構ヴァルキリー長官。種族:天使。漆黒の全身甲冑と長剣、六枚の翼を持った熾天使。違反者を確実に仕留めるため、実装が見送られた能力も有する、ゲームにおける最強の存在。

世界観

ゲーム内の世界は「ワールド2」と呼ばれ、広大な一つの大陸となっている。大陸は4つの国から成り、初めてゲームにログインしたプレイヤーはそのいずれかの国に所属することを求められる。

・桜花帝国
江戸時代の日本を模した春の国。ミカドを頂点とした幕府が国を治める。首都である『帝都』には豪壮な城があり、その裾野では城下町が栄えている。おもに欧米諸国からアクセスするプレイヤーが多い。

・アルドニア共和国
産業・工業の栄華を極めた技術大国。現在、ワールド2の中で最も影響力を持つ国である。自由と平等を国是に掲げる。街中にはサイボーグの姿が目立ち、ワールド2の中で唯一、魔術を使えない国である。

・ガリアーノ連邦
水の都と謳われる美麗な街。広大な面積を誇り、アルドニア共和国に倣って議会制民主主義を導入。安定した施政と風光明媚な土地柄もあいまって、すっかり景勝地として定着した。海岸沿いの『地の果て』はワールド2で最も高い地価を持つ別荘地として有名。

・マウントヴァッテン独立自治区
ガリアーノ連邦内部に位置する通年積雪の地。かつては王国だったが反乱に失敗してのち、ガリアーノ連邦に統合された。現在は領土を割譲された形で存続が許されている。剣と魔法が支配する戦闘立国。

・ニネヴェ國
かつてこの地を開拓したギルドが暫定政府を名乗り為政者の座におさまった。反政府勢力がクーデターを企てたが失敗。その後は争いが絶えない無法地帯と化した。プレイヤーよりもNPCの数のほうが多い国だと言われている。

・中立地帯:ミズガルズ
ワールド2の大陸中心部、四カ国のちょうど中間に位置する広大な平原地帯。平原の中には巨大な湖がある。各国から亡命した漂流者(ワンダラー)が集い、四カ国のいずれにも所属しない中立地帯である。

用語

・仮想敵(アグレッサー)
ヴァルハラ・クロニクル・オンライン2におけるモンスター。出現時は黒い粒子に覆われているが、プレイヤーに観察された途端にその下から真の姿を現す。出現地帯によってその容姿は様々でサイボーグからドラゴン、はたまた小鬼まで多岐にわたる。人口密集地を避ける習性を持ち、都市部では出現しない。

・創造師(クリーター)
ワールド2において最も重要な職業。あらゆるモノを生み出すことができる。現実にある物も、すでに失われた物も、あらゆる物をワールド2で生み出す。ワールド2が現実世界と遜色ないレベルにまで発展したのは、彼ら創造師の働きがあったゆえである。

・無端末通信(ノン・デバイス・コミュニケーション)
幼少期に脳へマイクロマシン群を注入することでデバイスを介さずに直截的かつ恒常的にインターネットへアクセスすることができる次世代型通信技術の総称。22世紀現在、世界中での普及率はほぼ100%を迎えつつあり、これによって旧世紀の端末は衰退していった。

・測定種(ブレイン・シード)
こめかみに装着するコインサイズの脳波走査装置。オンラインゲームなどの大容量・高負荷の処理を実行する際、脳の負担を軽減する目的で装着する。

ヴァルハラ・クロニクル・オンライン

表紙 / イラスト by くるせらー様

 

5月中にネット上で公開、同時に書籍を頒布する予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です